1.事業計画を体系だてて作成しましょう。

(1)事業計画の体系を理解する。

(2)計画策定のための現状分析をしっかりやる。

    @ 自社の業績の実績数値を分析し、事業別・製品別・顧客別の業績向上要因

  と業績悪化要因を分析する。また、自社の財務分析も行う。この結果、自社

  の強みと弱みを理する。

    A 経営環境の変化を予測し、事業に対する成長要因(機会)と成長阻害要因(

  )を理解する。

    B 上記は一般的にSWOT分析と言われているもので、自社の強みと弱みを理解

  し、経営環境の変化による脅威と機会を理解し、次年度において何を優先的

  に取り組むべきか、経営上の課題を抽出するために行うものです。

(3)全社・部門別事業計画を体系づけて作成する。

    @  年度の経営基本方針を決定する。

    A 年度の経営目標を決定する。

    B 年度の経営目標の達成に向けて経営方針を決定する。

    C 上記の会社全体の経営目標と経営方針を受けて、部門別の部門目標と部門

  方針を決定する。

    D  BとCとの間の調整を行い、全社・部門別事業計画(計数計画・行動計画)

  まとめる。

(4)部門別事業計画を個人単位に落とし込みする。

    @  部門別事業計画を課単位・グループ単位の計数計画・行動計画に落とし込

  みする。

    A  最終的には個人単位の計数計画・行動計画とする。

(5)部門別・課別・グループ別・個人別の達成度合(計数実績・行動実績)の把握方を検討する。

   折角、作成した事業計画を絵に描いた餅に終わらせないため、計数実績・行

 動実績の把握方法と把握時期を検討します。個人別には、毎月、部門別・課

 別・グループ別3ヶ月毎ぐらいが望ましいのではないでしょうか。

(6)業績に応じてちゃんと評価や処遇をする仕組みを用意する。