1.M&A財務デューデリジェンスサービスとは?

 M&Aは、買収側から見ると、企業規模の拡大、多角化など、企業成長の促進に必要不可欠な戦略です。また、売却側から見ると、コア事業でない分野からの撤退・コア事業に対する経営資源の集中させるのに必要不可欠な戦略です。我々は、会計監査の経験で培った企業財務を見る目を生かして、クライアントのM&A戦略をサポートします。

(1)M&A対象企業の調査

 買収先企業の正確な経営内容と経営課題を把握するために、経営状況と財務内容を徹底的に調査します。また、粉飾決算や簿外債務・偶発債務等の有無も厳しくチェックします。

(2)M&A対象企業の評価

 クライアントの依頼により、買収先企業の正確な評価、買収価格の算定、営業権の評価等を行い、買収価格交渉を有利に進行させるアドバイスを行います。

 また、クライアントが売却先企業の株主の場合には、売却先企業の適正な株式鑑定評価を行い、買収先からの提案が客観的かどうかアドバイスを行います。

(3)M&A後のコンサルティング

 買収後に事業を軌道に乗せるためには、数々の経営課題を克服していく必要があります。例えば、経営方針の明確化や親会社との一元化、経営管理体制の統一、組織人事制度の統一、会計システムや情報システムの統一などです。

 買収もとが高い買い物をしたなどと後悔しないように、中小企業診断士としての経験とネットワークを使って、買収後のコンサルティングを行います。

 

 料金案内はこちらです。

 M&A財務デューデリジェンスサービスのお問合せは、こちらへ

2.過去に行ったM&A財務デューデリジェンスサービス事例

 過去、監査法人として、コンサルティング会社として、様々なM&A案件に係わって参りました。

例えば、次のような案件です。

(1)上場会社が、非上場の自動車製造会社を買収する案件

(2)上場会社が、非上場の中古車販売会社を買収する案件

(3)上場会社が、非上場の食品製造会社を買収する案件

(4)非上場会社が、上場会社をTOBで買収する案件

(5)非上場の食品加工会社を、上場会社へ売却する案件

(6)非上場の物流会社を、非上場の卸売会社に売却する案件

等々、年に数件は、適切な買収価額・売却価額を算定するためのデューデリジェンスを行っております。

 クライアント様の立場にたって、適切な価額で取引が成立するように、日々「非上場会社の適切な株式評価額とは??」という課題に向き合っています。

 また、中小企業診断士の経験を生かして、買収・売却前後の経営指導も含め、幅広く対応させていただきます。

 お問い合わせは、こちらへ