1.内部統制って何ですか?会社設立直後や中小企業に必要ですか?

 簡単に言いますと、内部統制は、次の4つの目的@経営・業務の効率的実施A決算書の信頼性を高めることB法令順守C会社財産を守ること、を達成するために、日々の業務に組み込まれ、社員全員によって遂行されるプロセス(会社の仕事の仕組み)です。

 そして、この4つの目的を達成するために、有効に会社の仕事の仕組みが整備されて、実際の業務で行われているかを判断する基準 (有効か有効でないかを判断する切り口) として、6つの基本的要素 (判断する基準・切り口) があります。

 会社設立直後や中小企業に必要ですか?については、結論をお話しする前に、まずは、4つの目的と6つの基本的要素の解説をしたいと思います。

2.内部統制の4つの目的は何?

 内部統制の4つの目的をもう少し具体例を挙げて見てみましょう。

(1) 経営・業務の効率的実施

 例えば、販売時の販売価格・数量の上司による承認や、購買時の購買価格・数量の上司による承認など、会社の業務を無駄なく会社が損をしないようにすることが挙げられます。

(2) 決算書の信頼性を高めること

 例えば、売掛金が回収可能かどうかを検討し、あるいは在庫が正しく数えられ決算書に計上されているかなど、決算書が粉飾や逆粉飾なく正しく作成できるようにすることが挙げられます。

(3) 法令順守

 ここ近年話題になった、産地偽装はないか消費期限切れの販売はないか、残業代の未払いはないかといった法令を守っていることを確かめることが挙げられます。

(4) 会社財産を守ること

 無駄遣いはないか会社のパソコンを勝手に売却していないなどのことが挙げられます。

3.内部統制の6つの基本的要素は何?

 次に、内部統制の6つの基本的要素 (有効かどうかを判断する基準・切り口) は、次の6つです。(1)統制環境、(2)リスクの評価と対応、(3)統制活動、(4)情報と伝達、(5)モニタリング、(6)ITへの対応。

 そして、それぞれ具体的には次のような切り口になります。

(1)統制環境 = 誠実性や倫理観が会社に組織風土としてありますか? 経営理念は何ですか?経営方針は? 取締役会はちゃんと開かれ、機能していますか?

(2)リスクの評価と対応 = リスクを把握し、それに対処していますか?

(3)統制活動 = 経営者の命令が実行されるための手続きがありますか?

(4)情報と伝達 = 必要な情報が経営者に伝わりますか?

(5)モニタリング内部統制が機能しているかを継続的にチェックしていますか?

(6)ITへの対応 = 内部統制の目的の達成のためITを上手く利用していますか?

4.再度、会社設立直後や中小企業に必要ですか?

 会社設立直後で、経営者の目の届く人数内で会社がなりたっている場合は、必要なと思います。

 しかし、ある程度人数が増えてくるとすべての業務に経営者の目が届かないようになってきます。このような場合には、簡単な仕組みでも良いので、内部統制の考え方を取り入ながら会社の業務の流れをつくっていくことが望ましいと考えます。

 信頼していた経理担当が会社の銀行預金を着服していた信頼していた営業担当が架空の売上をつくってノルマを達成していた信頼していた購買担当が出入り業者から個人的にバックリベートをもらっていた業務とは関係のない接待交際費を使っていた、内部統制のない会社ではよく耳にする話です。そして、懲戒解雇。

 会社も損失を被り、不正を行った従業員は職を失う、全員不幸になりますね。このようなことを未然に防ぐためにも、内部統制の整備していくことは、中小企業であっても必要と考えています。

 お問合せは、こちらへ。

 監査法人出身の若手公認会計士とともに、会社の内部統制の整備をお手伝いします。